2024年ウィーンの主要なミュージアム&展覧会情報

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

ウィーン市観光局が来年2024年の観光客誘致に向けて、主要な文化関連トピックスを発表しました。芸術と文化を重んじる都市にふさわしいイベント目白押しです。

ウィーン・ミュージアム・カールスプラッツ本館がリニューアルオープン&常設展を無料公開

ウィーン市史を網羅する市立博物館【ウィーン・ミュージアム・カールスプラッツ本館】が、3年間の大規模改修工事を経て、2023年12月6日にリニューアルオープンを迎えました。この改修工事により正味床面積は約2倍に拡張し、カフェやレストラン、休憩スペースといった一般開放エリアも広くなりました。

ウィーン・ミュージアムはこれを機に、オーストリア初の試みとなる、 常設展の無料公開を導入 しました。内容を一新した常設展『ウィーン・私の歴史』では、新石器時代から現代までのウィーンの歴史を物語る約1,700点の展示品を、3フロア・3,300平方メートルにわたって紹介しています。ウィーン市は、常設展の無料公開によって、多くの市民や観光客がより気軽に歴史文化に親しむことを期待しています。

1959年完成の既存の建物の上に新設された4階、通称「フローティング・フロア」は特別展会場として利用されます。2024年は2つの特別展が予定されています。

ウィーン・ミュージアム・カールスプラッツ本館(C) Kollektiv Fischka

シュトラウス一家にまつわる複合施設【ハウス・オブ・シュトラウス】グランド・オープン

毎年元日に生中継されるウィーン・フィルのニューイヤーコンサートでもおなじみの作曲家、シュトラウス一家。そのゆかりの場所が、「ワルツ王」ヨハン・シュトラウス2世の198歳の誕生日である2023年10月25日に、多目的施設『ハウス・オブ・シュトラウス』として新たにオープンしました。

建物は1837年ツォーゲルニッツ・ガーデンパレスとして建てられ、当時のウィーンの上流階級の社交場でした。シュトラウス一家はもちろんのこと、カール・ミヒャエル・ツィーラー、ヨーゼフ・ランナーらが舞踏会で演奏しました。

『ハウス・オブ・シュトラウス』は、シュトラウス一家が活躍した19世紀のウィーン社交界の世界を垣間見られる記念館を中心に、2024年より定期コンサートが予定されている音楽ホールやレストランが設けられています。また、シュトラウス一家の子孫であるエドゥアルド・シュトラウス氏が率いるウィーン・シュトラウス研究所が置かれているほか、マスタークラスを開催して世界中から集まった若き才能を指導しています。

なお、 2024年はヨハン・シュトラウス2世のオペレッタ『こうもり』の初演から150周年 、 2025年はヨハン・シュトラウス2世の生誕200周年 を迎えます。

ハウス・オブ・シュトラウス(C) WienTourismus/Gregor Hofbauer

ハウス・オブ・シュトラウス(C) WienTourismus/Gregor Hofbauer

2024年ウィーンで予定されている主な特別展

『ヨハン・ベルンハルト・フィッシャー・フォン・エルラッハ』展

ウィーン・ミュージアム・カールスプラッツ本館/2024年2月1日~4月28日
改装オープン後、初となる特別展では、18世紀に活躍したハプスブルク宮廷建築家ヨハン・ベルンハルト・フィッシャー・フォン・エルラッハ(1656-1723)を取り上げる。博物館に隣接するカール教会をはじめ、シェーンブルン宮殿、オーストリア国立図書館など、ウィーンを代表するバロック建築物を次々と手掛けた。

『分離派:クリムト、シュトゥック、リーバーマン』展

ウィーン・ミュージアム・カールスプラッツ本館/2024年5月23日~10月13日
1900年前後に展開された分離派(セセッション)運動。本展では3都市でそれぞれ運動を牽引した3人の芸術家、グスタフ・クリムト(ウィーン)、フランツ・フォン・シュトゥック(ミュンヘン)、マックス・リーバーマン(ベルリン)に焦点を当てる。

『レンブラント:ホーホストラーテンの色彩と幻想』展

ウィーン美術史博物館/ 2024年10月8日~2025年1月12日
ウィーン美術史博物館初となるレンブラント・ファン・レイン(1606-1669)の大規模特別展。レンブラントと、その弟子でありウィーン宮廷で才能を開花させたサミュエル・ファン・ホーホストラーテン(1627-1678)の絵画と素描50点が展示される。

『小さな自画像』レンブラント・ファン・レイン (C) KHM-Museumsverband

『シャガール』展

アルベルティーナ美術館/2024年9月28日~2025年2月9日
ロシア・アヴァンギャルドの巨匠マルク・シャガール(1887-1985)。約90点の作品で構成され、第二次世界大戦とホロコーストの恐怖を描いた画家の晩年に焦点を当てる。

『多様性の美』展

アルベルティーナ・モダン美術館/2024年2月17日~8月18日
アルベルティーナ美術館は300年近くにわたって白人男性による作品を購入、収集、展示してきたが、21世紀に入ってからの20年間の活動はこの慣習を打ち砕くものだった。現代の多様性、アイデンティティや芸術形態、素材やジェンダーの多様性に捧げる本展は、ジャン=ミシェル・バスキア、アレクサンドル・ディオップ、VALIE EXPORT、エヴァ・ベレシンらによる作品を展示する。

『WE (ハート)』展

ハイディ・ホルテン・コレクション/2023年11月24日~2024年8月25日
コロナ禍中の2022年に開館した美術館。本展では表現主義、1960年代と1970年代の芸術、図像と抽象の緊張関係の中での絵画と彫刻という3つのテーマに焦点を当てる。来場者は好きな作品に投票でき、選ばれた作品は新しい常設展に並ぶことになる。クリムトの絵画作品『アッター湖畔のウンターラッハの教会』が、「フォーカス」と題されたキャビネット展示として並列展示される。

『クリマ・ビエンナーレ・ウィーン』展

クンスト・ハウス・ウィーン他/2024年4月5日~7月14日
このたび新たに100日間にわたって開催されるビエンナーレがテーマに掲げるのは、アートと環境問題。ウィーン市内のさまざまな機関が参加し、気候危機への対応を多彩な方法で提示する。環境との共生を目指した芸術家・建築家として日本でも人気の高いフンデルトヴァッサーが自ら設立した美術館「クンスト・ハウス・ウィーン(2024年1月31日まで改装工事中)」がメイン会場となる。

【H.I.S.】 海外・国内旅行 ANAの国内・海外ツアー【ANAトラベラーズ】
オーストリア
スポンサーリンク
「動物」に関するクラウドファンディング
「動物」に関するクラウドファンディング
「動物」に関するクラウドファンディング・プロジェクトです。治療費、飼育施設の運営、動物保護シェルター、里親活動などへ皆さんの支援をお待ちしています。
プラス海外旅行情報をフォローする
プラス海外旅行情報
タイトルとURLをコピーしました