豪州入国時の持ち込み禁止物品申告を怠った場合の罰則強化について

オーストラリア農相と移民、市民権、移民サービスおよび多文化問題の代理大臣は共同で、バイオ・セキュリティリスクの高いハイリスク物品の申告を怠った者に対する罰金の大幅な引き上げとビザの取消処分の適用拡大を発表しました。

2021年1月1日から、豪州の空港又は港湾到着時にハイリスク物品の申告を怠った入国者に対し、最高2,664豪ドルの違反通知書を発行することが可能になります。これまではバイオ・セキュリティリスクの程度にかかわらず444豪ドルでした。

バイオセキュリティに関連したビザの取消権限も、これまでは観光ビザの所持者のみに適用されていたものが、2021年1月1日以降、学生ビザ及び一時就労ビザの所持者にも拡大して適用されることになります。

豪州入国に当たっては、渡航前に持ち込み禁止物品をよく確認し、これまで以上に注意が必要です。

Joint media release: Don’t be sorry; just declare it: New penalties for travellers who don’t declare high-risk biosecurity goods | Ministers
The Hon. David Littleproud MP, Minister for Agriculture, Drought and Emergency Management, Deputy Leader of the Nationals
検疫
「動物」に関するクラウドファンディング
「動物」に関するクラウドファンディング
「動物」に関するクラウドファンディング・プロジェクトです。治療費、飼育施設の運営、動物保護シェルター、里親活動などへ皆さんの支援をお待ちしています。
オーストラリア
スポンサーリンク
プラス海外旅行情報をフォローする
プラス海外旅行情報
タイトルとURLをコピーしました