IATAが欧州開発のワクチンパスポートをグローバルスタンダードとして支持

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

国際航空運送協会(IATA)は、欧州委員会(European Commission)が開発した「EU Digital COVID Certificate (EU DCC)」の提供に対し、リーダーシップと開発スピードを称賛し、デジタルワクチン接種証明(ワクチンパスポート)のグローバルスタンダードにするよう促したとのことです。

EU DCCは、証明書が有効であることを裏付けるいくつかの重要な基準を満たしていて、紙とデジタルの両方のフォーマット対応しています。EU DCCは、現在のところ、EU加盟国の27カ国で実施されていて、ほかにスイス、トルコ、ウクライナおよび州独自の予防接種証明書と多くの相互協定を結んでいます。そして60カ国にも及ぶが国が、自国の認証の仕組みとしてEU DCCを活用することを検討しているそうです。

EU DCCは、最新の世界保健機関のガイダンスと一致しており、「IATAトラベルパス」とも互換性があり、また欧州の博物館、スポーツイベント、コンサートなど、予防接種の証明が必要な施設の入場にも活用されているとのことです。

Page not Found
【H.I.S.】 海外・国内旅行 ANAの国内・海外ツアー【ANAトラベラーズ】
ニュース
スポンサーリンク
「動物」に関するクラウドファンディング
「動物」に関するクラウドファンディング
「動物」に関するクラウドファンディング・プロジェクトです。治療費、飼育施設の運営、動物保護シェルター、里親活動などへ皆さんの支援をお待ちしています。
プラス海外旅行情報をフォローする
プラス海外旅行情報
タイトルとURLをコピーしました