ANAがホノルル・ニューヨーク路線でトラベルパス実証実験。1,000マイル贈呈

新型コロナウイルス デジタル証明書アプリ イメージ

全日空(ANA)が2021年5月24日(月)から6月6日(日)までの期間に、羽田発着のホノルル線とニューヨーク・JFK線で、新型コロナウイルス検査結果のデジタル証明書アプリ「IATAトラベルパス」の実証実験を行います。

実証実験に参加して、参加後のアンケートに回答すると、1,000マイルがANAマイレージクラブのマイル口座に贈呈されます。また、一部の医療機関で新型コロナウイルス検査費用の割引を受けることができます。

参加対象者は18歳以上、ICチップ搭載のパスポート、ICチップを読み取ることができるスマートフォンの保有者です。また、特定の医療機関で検査ができることが可能なこことが条件となっています。

詳細はANAのサイトで。

デジタル証明書アプリ「IATAトラベルパス」の実証実験を羽田=ホノルル・ニューヨーク線にて実施します|プレスリリース|ANAグループ企業情報
タイトルとURLをコピーしました