トリップアドバイザーによる2021年注目の旅行トレンド5選

【c】【公式】トリップアドバイザー

トリップアドバイザーが2021年の旅行トレンドを発表しました。

  1. 旅行者は今年の後半に海外旅行を計画していますが、もう計画を立てています
    全世界的を対象にした調査で旅行者のほぼ半数(47%)が、2021年に海外旅行を計画しています。実際、回答者の10人に1人(11%)が、2021年の海外旅行をすでに予約しています。 1月の第1週に、いずれかの国のトリップアドバイザーの85%のホテルクリッカーが、今年後半に海外での休暇を計画していました。
  2. 予防接種は旅行者の安心につながります
    ワクチンの普及は、旅行者の旅行への安心に影響を与えるだけでなく、旅行先にも大きな影響を及ぼします。調査対象の旅行者の4分の3以上(77%)が、ワクチンを接種すれば海外旅行をする可能性が高く、国内旅行では86%に上昇すると述べています
  3. 2021年の旅行先は、国内での休暇が人気です
    2020年の旅行自粛により、今年は海外旅行の人気が高まると思われますが、引き続き国内旅行も人気です。1月の第1週には、トリップアドバイザーのホテルクリッカーの70%近くが将来の国内旅行を予約し、5月から8月は国内休暇で最も人気のある月を証明しています。
  4. 2021年の旅行の調査にはより多くの時間を費やします
    2020年の初めに旅行計画キャンセルされて多くの人が10か月以上にわたって次の大きな休暇を夢見てきました。そのため、旅行の計画に時間が費やされるのは当然のことです調査によれば旅行者の4分の3(74%)は、今年は目的地の選択により多くの時間を費やすとしています。
  5. 外食が再開しますが、テイクアウトの人気も持続します
    2020年を通じて多くの国で対面での食事が制限されたため、消費者が食欲を満たすことを求めたため、テイクアウトおよび配達サービスの成功が急増しました。
    調査によれば、回答者のほぼ半数(47%)が、2020年よりも2021年にレストランで直接食事をする予定であると回答し、回答者の4分の1(27%)が今年はテイクアウトの食事を増やす予定であると回答しています。
The Year of the Travel Rebound
タイトルとURLをコピーしました